i-Auditor

ファイルサーバへのアクセス監視に特化したネットワーク監視システム i-Auditor

i-Auditorの概要

i-Auditorは、ファイルサーバへのアクセス監視に特化したネットワーク監視システムです。メインファイルサーバだけでなく、各フロアや部署ごとに設置されたサーバをそれぞれ監視し、ログをまとめて閲覧することができます。直感的な操作で、専門的な知識を持たない方でも簡単に必要な情報にアクセスできます。
i-Auditor概要のイメージ

ファイルサーバに迫る脅威

企業のほとんどの機密情報はファイルの形で管理され、あるいはその仕様や構造がファイルに記載されています。それを集積したファイルサーバへの不正アクセスは直接的な情報漏洩を引き起こす重大なセキュリティインシデントであり、多くのマルウェアの目的でもあります。

たとえ不正なプログラムによる権限のないアクセスを防いだとしても、実際に権限のある従業員によるデータの持ち出しなどは、故意と過失とを問わず発生するリスクがあります。i-Auditorはそのようなリスクを減らすためのセキュリティ機能と、問題が発生した際の情報の閲覧や分析をするためのマネジメント機能を兼ね備えています。

ファイルサーバは様々なリスクを抱えている。内部での不正な動きの発見や、発見後のログ調査は困難な場合がある

i-Auditorにできること

i-Auditorはファイルサーバの抱えるリスクに対応するため、分析の難しいSMB(Server Message Block)通信のログを整理し、まとめて閲覧可能にします。

豊富な検索オプションと直感的に操作可能なGUIにより、不審な通信の発生を監視するのみならず、平時のファイルサーバ管理においてもログの分析にかかる時間と手間を大幅に短縮します。

マネジメント機能による管理とインシデント対策によるセキュリティ体制

i-Auditorの特徴

  • 完全エージェントレス

    監視対象端末へのソフトウェアのインストールは不要です。
    そのため、既存の端末やネットワークに影響を与えることなく導入することが可能です。

  • 一台で複数のサーバを監視可能

    接続したスイッチの配下すべてのサーバへのアクセスを閲覧できるほか、複数のi-Auditorを統合ログ管理用i-Auditorで一括管理・閲覧することも可能です。

  • セキュリティ機能

    特定の条件下でのファイル操作をアラートとして登録することで、アラートに合致する操作が行われた際にリアルタイムでメール送信を行うことが可能です。

  • 端末・ユーザの容易な管理

    アクセスを行った端末のホスト名・ユーザ名をネットワークから自動取得します。
    動的IPを用いた環境下でも、誰による通信か一目で判別できます。

  • OSを問わず使用可能

    ソフトウェアに依存しないため、あらゆる種類のファイルサーバに対応可能です。

このようなニーズにお応えします

  • 拠点のファイルサーバログを一元管理したい

    同時に複数のサーバを監視できます。
    出先拠点(支店、支社等)までを含めた、
    複雑かつ大規模なネットワークにも、柔軟に対応します。

  • 接続端末からファイルサーバへの通信をリアルタイムで監視したい

    リアルタイム、あるいは指定した期間で、IPアドレス・ユーザ名・クライアント名・ドメイン名・OS情報を取得できます。

  • システム変更なしでファイルサーバのログ監査を行いたい

    ミラーポートに設置するだけで導入が完了するため、
    既存のネットワークへの影響を考慮する必要がありません。
    設置後すぐにアクセスログの取得を開始できます。

  • ネットワーク上にあるWindows XP、7の端末を知りたい

    ネットワーク上に存在する
    Windows OSバージョンの端末を
    正確に検出できます。

製品紹介資料

製品紹介資料のダウンロードは、こちらからどうぞ

製品・サービス資料ダウンロードフォーム