インシデントレスポンスサービス

iSECは、セキュリティ(SOC)運用サービスのオプションサービスとして、インシデントレスポンスサービスを提供しております。インシデントが発生した際、現地に駆けつけてセキュリティ事故の原因を特定するために調査をします。

インシデント対応時に現地に駆けつけ

iSECが提供するセキュリティ運用(SOC)サービスのオプションとして、インシデントレスポンスサービスも取り扱っております。お客様の環境におけるCSIRTの業務の支援として、インシデントが発生した際にはiSECのセキュリティエンジニアが現地まで駆けつけてインシデントの調査・分析、証拠保全等を行います。

インシデントレスポンス概要

iSEC対応可能範囲が広いため早期対応が可能

多くのSOCサービスでは、サービス範囲がセキュリティ監視のみで、インシデントが発生したときにセキュリティチーム(CSIRT)へのエスカレーションを早期対応できない場合や、連携体制が取れていないといった課題を抱える場合があります。iSECでは、セキュリティ運用(SOC)サービスでのリモート対応範囲が広い他、インシデントが発生した際に、証拠保全や脅威分析が必要な場合には、オプションサービスとして現地に駆けつけて対応いたします。また、iSECのサービスだけで対応できる範囲が広いため、早期対応が可能です。

インシデントレスポンスサービス範囲

また、インシデントが発生したときの対応のトレーニングを提供するサービス等も取り扱っております。

製品・サービス資料ダウンロードフォーム
https://isec.ne.jp/request_material/