Archives

24時間365日監視必須状況下におけるセキュリティコストを抑える運用の実現

お客様の課題
24時間365日運用のセキュリティコストを下げるには?
iSEC ソリューション
当社では、トラフィックや通信量を元に価格設定された運用サービスをご提供しております。一般的なセキュリティサービスよりも、深いレベルで、また、セキュリティ以外の部分についてもご提案を行っております。24時間365日のセキュリティ監視であるため、原則はリモートによるセキュリティ監視となります。

このソリューションが生み出された背景
自社において24時間365日のセキュリティ運用を実施した場合、複数のセキュリティエンジニアが必要となります。また、社内ポリシーによって夜間の勤務を許可できない企業も少なくありません。当社では、運用コストの削減、人員の確保、夜間の運用等これらのニーズに答えるべく、セキュリティのプロフェッショナルによる24時間365日の運用サービスのご提供を行っております。また、運用時に発見した課題に対して提案を行うコンサルティングを実施しているため、ユーザ様は方針策定に集中して頂けます。
ある重要インフラのお客様の例では、約3000人の利用者でトラフィック量は250Mbpsでした。このケースのお見積りでは運用費用が365万円/年間、5年間契約では1年間辺り300万円弱で対応することが可能です。これはセキュリティ運用の市場価格の約1/3~1/5の価格となります。

案件情報 (*)
従業員数:約xx,xxx名
拠点数 :x拠点/国内
導入期間:xか月(製品導入)
予算  :約xxx万円/年
(*) 顧客特定防止のためあいまいに表記しております

サポートの切れたWindows XP、Windows 7のシステムに影響を与えないネットワーク型保護の実現

お客様の課題
サポートの切れたWindows XP、Windows 7を使い続けたいが可能ですか?
iSEC ソリューション
既存のスイッチをPiolinkのTiFRONTのスイッチに入れ替えることで、異常な通信だけをブロックし、スイッチ配下の全てのデバイスを保護することができます。

このソリューションが生み出された背景
当社は、製造業や重要インフラ事業者様に提案をする機会が多く、オペレーションコントローラ等の機器がサポートの切れたOSで動作している現状を見てきました。Microsoft社はサポートの切れたOSに対して、原則脆弱性パッチの提供を行わないため、新しい脅威に対しては防ぐことができません。サポート切れのOSに対してソフトウェアをインストールせずにネットワーク機器で対策する方法を探していたところ、セキュリティスイッチであるTiFRONTと出会いました。

TiFRONTは、工場などミッションクリティカルな場所に有効な製品です。攻撃の兆候を検知したら特定の通信において一定時間の間遮断を実施することにより、業務を止めずにオペレーションが可能です。

提案ご依頼フォーム
https://isec.ne.jp/contactlists/inquiry/