i-Auditor Platform – 構成例

以下では、i-Auditor for File Serverおよびfor Active Directoryの構成例を紹介します。なお、for DHCPサーバの場合、同様の構成で、dhcpサーバーからのパケットを取得します。

i-Auditor for File Server、for Active Directory の導入構成例

i-Auditor for File Server、for Active Directory の導入構成例

■スピーディな導入を実現
導入は、ミラー設定されたスイッチに接続するだけで完了します。
■サーバやPCの設定変更は不要
サーバの通信パケットを監視対象としているため、サーバ上での設定は不要です。また、クライアントPCへのソフトウェアインストールも必要なく、エンドユーザに負担をかけません。
※i-Auditor for File Serverの管理画面は、汎用ブラウザからアクセスできます。
■ログサーバにログを転送
外部サーバに、ログを転送することにより、バックアップを行うことができます。

オンプレミス構成によるログ一括管理・クラウド構成に対応

i-Auditor 集中管理版の構成例 i-Auditor クラウド版の導入構成例
各センサが取得した情報をコレクタに集めることで、ログを一元管理します。 センサでの取得されたログを、暗号化技術を用いて
クラウド上のコレクタに格納します。